TOPICS

ZURICH TO TOKYO XXX
2018.8.8 Wed. Release Limited “888”
30 Years Anniversary Bag With Freitag

2018年8月8日、ZUCCaは創設30年を迎えます。これを記念し、この日のために特別にデザインされた、FREITAGとZUCCaによるアニバーサリーバッグを888個限定で発売いたします。キーストラップとしても使える付属のストラップで、バックパックにもなるFREITAGの便利なトートバッグ F261 MAURICEをベースに、30とKISSを意味する「XXX」と、ZUCCaに縁の深い数字と無限∞の可能性を意味する「888」を組み合わせたグラフィックを、FREITAG初となるシルクスクリーンでプリント。感謝(今までありがとう、そしてこれからもよろしく!)のメッセージを込めたスペシャルバッグです。ひとつひとつ手作業によって生み出される唯一無二の美しいバッグたちは、888通りの表情があります。お気に入りのひとつをぜひZUCCaで探してみてください。

FREITAG × ZUCCa
30 YEARS ANNIVERSARY BAG
888 LIMITED

発売:2018年8月8日(水)
価格:21,000円+税
限定 888個 *限定ラベルにシリアルナンバー入り

展開店舗:全国のZUCCa、CABANE de ZUCCa、HUMOR SHOP(東急プラザ表参道原宿店は除く) *ECでの販売は行いません

About F261_MAURICE
長いハンドルのついたトートバッグは、シンプルでエレガントなバッグです。しかし、場合によっては危険を伴うことがあります。例えば、あたなの友人が何本かビールを飲んで自転車に乗って帰宅するときに、ハンドルにかけたトートバッグがブラブラしていたら、結末はハッピーエンドではないのが目に見えます。ですが、すべての物事には裏があるように、この場合のような緊急事態や事故は、FREITAGのバッグを開発する者たちの能力を最大限に引き出しています。何十年もの間、変わらないクラシカルなトートバッグに、単純にショルダーストラップにカラビナを取り付けたことによって、新しい機能性を持たせました。安全に自転車に乗れるようバックパックとして、そして両手をフリーにしてワイルドなジェスチャーやハグをすることも可能にします。

F261 MAURICE
BACKPACKABLE TOTE
L320×W360×H85mm
9.5L

バックパックとしても使用可能な、リサイクルトラックタープ(幌)製のシンプルなインナーポケットとストラップが付いたトートバッグ。

—革命的なグローバル・イノベーション:両ハンドルに右腕を通し、左腕を付属のストラップに通せばバックパックとして使用することが可能。
—トートバッグとして使用する場合は、ストラップをバッグポケットにいれることが可能。また、ストラップに鍵、財布、あるいはチワワを安全に繋ぐことも可能。

About FREITAG
1993年、スイスはチューリッヒ。それぞれ商業ディスプレイ、グラフィックデザインの世界で活躍していたMarkusとDanielのFREITAG兄弟が、機能性と防水性に優れた丈夫なバッグを自ら創ろうとしたことからすべては始まりました。当時彼らが住んでいたアパートの目の前を横断していたフリーウェイの分岐点を往来する色とりどりのトラックにインスパイアされ、使用済みのトラックタープ(幌)、自転車のインナーチューブ、廃車のシートベルトを使ったメッセンジャーバッグを創りました。アパートのリビングで産声を上げたインディビジュアルでデザイン性のあるFREITAGのバッグは、全く意図せぬかたちで全世界に衝撃を与えることとなりました。今では、世界中のアーバンサイクリストの生活幅を広げるために、そして、ユーズドの素材に新たな命を与えるために、チューリッヒにある工場では機能性のあるバッグや小物を60種類以上生産しています。

トラックがバッグになるまで
古いトラックの幌は、FREITAGのF-actoryで非常に複雑な5つのステップを踏み、機能性に優れた一点物のバッグへ生まれ変わります。

ステップ1:幌の調達
道路に並ぶトラックの群れからはイメージしづらいかもしれませんが、古いトラックの幌を手に入れるのは決して簡単なことではありません。状態の良いものを見つけるのは特に困難です。FREITAGの素材調達は、グレンコアではなくハードコア。つまり、グレンコア社(スイスの商品取引商社)に委託せず、自分たちの手でひたすら懸命に素材を調達しています。幌を調達するのは、5人のバイヤー(通称トラックスポッター)です。F-Workerと呼ばれる200人のFREITAG従業員が、暇を持て余すことも生活に困ることもないよう、年に460トンもの幌が「Nœrd」(チューリッヒ・エルリコンにあるオフィスとファクトリーの機能が集約された本社ビル)に運び込まれます。幌の仕入れ先は、トラックの運転手や運送業者です。トラックスポッターは、人気の高い色を持つ上質な幌を手に入れるため、ひっきりなしに電話をかけたり、トラック雑誌をチェックしたり、ヨーロッパ各地のサービスエリアを回ったり、仕入れに奔走しています。

ステップ2:幌の解体
幌を加工するためには、まず解体しなければなりません。しかし、大きくて汚い幌を解体するのは、とても大変なこと。この巨大なモンスターをR.I.P.(リサイクルされた個々の製品)に生まれ変わらせるには、男性たちの力が必要となります。作業は、FREITAGバッグに使用しないアイレット、ストラップ、ベルトなどを取り除くことから始まります。次に、たくましい男性従業員が、2つの裁断テーブルに広げられた幌のポテンシャルを、ひとつひとつ鋭い目利きで吟味していきます。そして、その目利きよりもさらに鋭いナイフで、幌をたたき切ったり、裂いたりして、上質な部分だけをカットします。2.4メートルの標準サイズにカットできたら、折り畳んで洗浄チームに渡します。もちろんカットされた使用されない部分は、素材ごとに分別されてリサイクルされますのでご安心を。

ステップ3:洗浄
Nœrdの地下室は、一見すると伝統的なランドリールームと同じように見えるでしょう。しかし、そこで行われる作業はランドリールームとはまったく異なります。ここで、バッグを清潔にするのは言うまでもありません。「使い古した」素材を「風格のある」素材にし、「古い物」を「ヴィンテージ」にレベルアップさせること。使用するのは、1日1万5千リットルの雨水とFREITAGの秘密の洗浄剤。古い幌が持つ真の美しさを引き出せたら、乾燥させて色ごとに丸め、バッグデザイナーに渡します。

ステップ4:バッグデザイン
競合他社が「裁断」と呼ぶ工程は、そのほとんどが東アジアで機械を使って行われています。しかし、FREITAGでは人間の手、頭、感性を使いスイスのNœrdにて裁断されます。バッグデザイナーの役目は、唯一無二の美しい製品を生み出すこと。これはクリエイティブさを必要とする骨の折れる仕事です。型とカッターを使い、幌の模様や傷、汚れなどを最大限に活かした最も美しい部分を切り取ります。その後、他の部分もきちんとそれに合うようにカットします。

ステップ5:仕上げ
F-actoryでは、見本品とテストバッグのみが縫製されます。販売用のFREITAGバッグは、長年信頼関係のあるスイス、チェコ、ブルガリア、フランス、ポルトガル、チュニジアのパートナーのもとで作られています。彼らは厚い幌を丁寧に縫製することができる熟練の技の持ち主です。バッグがスイスのNœrdに戻ってきたら、すぐに検品を行い、きちんとできているかをチェック。検品が済んだら、FREITAGの秘密のカラースキームに沿って製品を選び、箱に詰めます。

Aug. 8 th 2018 will be ZUCCa's 30 th birthday. For this celebration, a special collaboration between FREITAG and ZUCCa will be launched in a limit of 888 bags. Using F261 MAURICE, a model which has a key strap you can attach to transform it into a back pack, as the canvas, a graphic design of a combination of "XXX" which stands for 30 and kisses, and "888" which represents the brand's inseparable number and infinite possibilities ∞ is printed on by FREITAG's first challenge of screen printing. A special bag with a message of gratitude (Thank you for everything, and we hope for your continuous support too!). The one and only beautiful handmade bags, have 888 different faces. Please search for your favorite one.

FREITAG × ZUCCa
30 YEARS ANNIVERSARY BAG
888 LIMITED

LAUNCH : Aug. 8 th 2018
PRICE : JPY21,000 + tax
LIMITED 888 pcs *all have serial numbers on the special edition tag

AVAILABLE STORES : at all domestic ZUCCa, CABANE de ZUCCa, and HUMOR SHOP stores (excluding TOKYUPLAZA OMOTESANDO HARAJUKU store) *Please note WE DO NOT SELL ONLINE.

About F261 MAURICE
Tote bags with long handles have always been simple and elegant. However, they can also be quite dangerous - you may have heard the story of a friend that tried to cycle home after a few beers with their tote bag dangling from the handlebars. It's not a happy ending. But there's a silver lining to everything and in this case, it's the fact that accidents and emergencies seem to bring out the best in FREITAG bag inventors. All it took was the simple addition of a carabiner strap to catapult the classic tote bag, unchanged for decades, to a new level of functionality: F261 MAURICE can be worn as a backpack for safe cycling, wild gesturing and boisterous hugging.

F261 MAURICE
BACKPACKABLE TOTE
L320×W360×H85mm
9.5L

The compact tote with simple inner pocket and tarp strap that transform the bag into a backpack

・A revolutionary global innovation: slip the right arm through both handles, the left arm through the additional strap and presto - the tote is now a backpack.
・When used as a tote bag, the strap can be tucked in and clipped to the bag pocket. Alternatively, it can be attached to keys, purses or even a Chihuahua to keep them safe.

About FREITAG
In 1993, graphic designers Markus and Daniel Freitag were looking for a functional, water-repellent and robust bag to hold their creative work. Inspired by the multicolored heavy traffic that rumbled through the Zurich transit intersection in front of their flat, they developed a messenger bag from used truck tarpaulins, discarded bicycle inner tubes and car seat belts. This is how the first FREITAG bags took shape in the living room of their shared apartment - each one recycled, each one unique. With their innovation, the brothers inadvertently triggered a seismic event in the world of bag making. Its tremors have since made themselves felt in Zurich and the cities of Europe and spread all the way to Asia, making FREITAG the unofficial outfitter of all urban, bike-riding individualists. More than 60 models of functional bags and accessories are being made at their factory in Zurich.

FROM TRUCK TILL BAG
Transforming used truck tarps into highly functional, unique bags takes place in five highly complex stages at the F-actory.

STEP 1: TRUCKSPOTTING
It's hard to believe with the endless columns of trucks out there on the transport routes, but used truck tarps aren't just lying around on the street. And especially not the really good ones. Sourcing raw materials for FREITAG may not be Glencore but it is definitely hardcore. To ensure that our 200 F-Workers always have something to do and to eat, our five tarp buyers - also known as truck spotters - have to find and bring back approximately 460 tons of tarps to Nœrd each year. To accomplish this, the truck spotters are on the phone non-stop, or prowling around the truck stops of Europe to hunt down the best tarps in the hottest colors from trucks, truckers and shipping companies.

STEP 2: CUTTING TARPS
Freeing tarps from their imprisonment as dirty, bulky truck covers so they can be processed further is no walk in the park. We need men to turn the gigantic tarp monsters into R.I.P.s (Recycled Individual Products) by first freeing them of eyelets, straps, belts and anything else that a FREITAG bag doesn't need. With a sharp eye and an even sharper knife, the toughest boys on the F-Crew see the potential of each tarp that lands on their table. They then hack and carve prime cuts from the scruffy beasts and cut them into standardized 7.8-foot pieces, fold them together and send them off to the Laundry Department. Of course, the pieces cut off from the tarp will be divided into their groups and be recycled.

STEP 3: WASHING
What happens in the NŒRD cellar has nothing in common with what you do in your laundry room - even though it might look almost the same. Obviously, bags have to be clean. However, the real work that our tarp washers carry out is to transform "used" into "patina" and "old" into "vintage" using 3963 gallons of rainwater daily along with our secret tarp-wash bath additive. After they have released the inner beauty of the old tarps and dried them, the tarps are bundled according to color and sent to the bag designers.

STEP 4: BAG DESIGN
The bag designers ensure that our one-of-a-kind products are not just unique but uniquely beautiful as well. This means creatively working their fingers to the bone. Bag designers fashion each individual bag by using their templates and cutters to carve the most beautiful and exquisite designs possible from the tarps and then making sure that the rest of the pieces match as well.

STEP 5: THE FINISHING
Only prototypes and test bags are sewn at the F-actory. We entrust the sewing of your FREITAG bag to experienced partners in Switzerland, Czech Republic, Bulgaria, France, Portugal and Tunisia, who understand how to carefully stitch together tarps that are thicker than leather. As soon as the bags are back at Nœrd, we show off our Swiss side and go over the bags with a fine-toothed comb to ensure that everything is in order and then select the products that will end up in a crate together according to the secret FREITAG color scheme.

ARCHIVES